一人暮らし 食事

高齢者の食事栄養バランスでの調査結果では、同居のタイプは8割以上が「栄養バランスがとれている」と感じているのに対し、独居タイプでは55%に留まりました。

高齢者の「栄養バランスが欠如している」と感じている割合は独居タイプでは45%に上り、同居タイプの3倍に上ることが明らかになりました。

特に同居タイプと比べて不足の差が大きい栄養素は「タンパク質」「食物繊維」「鉄分」「カリウム」「カルシウム」などです。

やはり高齢者での栄養バランスの欠如の原因は一人分の食事を毎回メニューを考え、キチンと作るのは面倒だからという理由で、丼物などやその他単品で済ましてしますことが多々あるからです。

特に男性一人暮らしの高齢者がコンビニで弁当や総菜を購入する頻度が高いことが明らかになっています。

栄養バランスの取れた食事をとる方法とそて便利な宅配サービスがありますので、是非ご活用されることをお勧めします。


食事宅配サービス食宅便

忙しい独身の方や共働き世帯、ご高齢の方にも喜ばれています。


「食宅便」の日清医療食品は、日本全国の病院・福祉施設への食事サービス実績NO.1。
全国に約9,000人の管理栄養士、栄養士を擁するヘルスケアフードのリーディングカンパニーです。

美味しくてヘルシーな食事を、どうにかご自宅でも楽しんでもらいたいと始めたのが「食宅便」です。
商品開発には多くの管理栄養士が参画。栄養バランスに優れ、とても豊富なバリエーションのメニューが
自宅で手軽にお召し上がりいただけます。自宅に届く「食宅便」は、冷凍のおかず7食セット。

1食分は、主菜を含め、約20種類の食材を使用した5つのおかずで構成。栄養価を考えながら、少しずつ、こんなにたくさんのおかずを作ろうと思ったら、たいへんです!! 

それがレンジでチンすれば、いつでもお手軽に召し上がっていただけるのがすごいところです。

冷凍だから、毎日届いてしまう宅配弁当とは違い、必要のないときは食べなくても問題ありません。
冷凍庫にストックしておけば、忙しくて買い物に行けなかったときや体調のすぐれないときもジャンクフードに頼ることなく、栄養バランスのよい食事を摂ることがで